薄毛や抜け毛を本気でケアしたかったら市販の育毛剤ではダメ?

AGAはDHTと呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長期が短縮されてしまうことにより発症します。

AGAになってしまうと髪が成長しきる前に脱毛してしまうので髪質が細くなり短い髪の毛ばかりが残り薄毛が目立ってくるのですAGA治療にはプロペシアという内服薬を使いDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

内服薬以外にはミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促進して細胞分裂を活性化する治療法もあります。

両方の治療方法を併用することも可能ですが健康保険適用外なので治療費が結構がかかってしまうのが難点です。

AGAは遺伝により発症するため個人の体質が大きな要因となるのは間違いありません。

AGA治療というのは対症療法にすぎませんのでAGAが完治するというものではないのです。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再びAGAが発症し進行してしまうのです。

しかし、AGA治療薬にも副作用の危険性はありますから一生使うというのも心配がありますし、費用もばかになりません。

ですから、一定のところまで薄毛が改善したと判断できたらAGA治療を途中でやめるという判断をするのも必要です。

AGA治療は保険が適用されませんので費用は全額自己負担になってしまいます。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用がかかりました。

又、保険が適用されない医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いなので値段は各販売店で自由に設定することができます。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり処方箋薬局によって、数千円の開きがあることもありました。

更に診察を受けなければ処方箋はもらえませんので再診料や診察料も都度発生します。

AGA治療に用いられるプロペシアにはAGA治療に有効な数少ない薬です。

しかし、いかに優れた薬であっても副作用があるのでプロペシアを使う前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが障害の有無については血液検査で確認できますので使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

他には男性でも乳癌を発症したりアレルギーや鬱の発症も副作用として起こり得るとされています。

AGA治療に効果があると言われている薬品には内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルという薬があります。

プロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑制し育毛サイクルの乱れを改善してくれるという効果があります。

ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進することにより発毛を促進する効果が期待できます。

ただ、この2つの薬はどちらも発毛剤として開発された薬というわけではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬、ミノキシジルは高血圧の治療薬でした。

プロペシアにもミノキシジルにも薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたため現在ではAGA治療薬として認可されているのです。

AGA治療薬として有名なプロペシアは処方箋がなければ買うことができません。

医薬品なので店頭に陳列されていることもなく保険適用外なので高価なことが難点でした。

そんな状況が続いていましたが、プロペシアにもジェネリックが開発され同じ効き目で半額以下の薬品が買えるようになりました。

ジェネリック医薬品とは先発医薬品の発売開始から一定期間の後に開発される薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品の有効成分を使って同じ効果と安全性を確保すればいいのですから、短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性の発症例はありません。

脱毛する原因は男性ホルモンにあり治療薬には男性ホルモンを抑える薬を使います。

AGAの治療にプロペシアという薬品が使用されますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAの脱毛部分にはDHTが高濃度に存在しておりこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短いと髪が十分に発育する前に抜けてしまうので髪の毛全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGA治療に効果が高い薬品には内服薬のプロペシアやミノキシジルを含んだ塗り薬が使われます。

プロペシアは病院を受診して指示書や処方箋をもらわないと買う事ができません。

ミノキシジルが配合されている育毛剤は医薬部外品なので薬剤師がいればドラッグストアでも買う事ができます。

ミノキシジルには内服薬もありますが国内でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

飲み薬のミノキシジルはネットで海外から取り寄せができますが偽物を掴ませられる可能性がありますのでお勧めできません。

ネットでAGA治療について検索してみたところ画像付きで経過報告をしている体験談を見つけることができます。

一般的に治療を開始してから3ヶ月程度で効果が表れ始めるようで定期的に経過写真を上げてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中にはヤラセや都市伝説みたいなサイトもありますが経過だけでなく、費用や薬を紹介してくれているサイトもあるので非常に参考になります。

引用:AGA遺伝子検査キットの本気体験談一覧【写真付き】

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が表れることがあるので体験談などが記載されていると安心できますね。

AGA治療に関するサイトというのは、人気が高いようでそれだけ薄毛にお悩みの男性が多いという事なのでしょう。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらいきちんとした治療薬を処方してもらいましょう。

保険適用外のため費用はかかってしまいますが市販されている薬よりはるかに効き目があります。

でも、プロペシアは副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬がオススメです。

ミノキシジルもAGA治療薬として認められているので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用薬と内服薬の2種類ありますが、日本国内でAGAの治療に認められているのは外用薬だけとなっています。

AGAは遺伝による要因が大きいので治療で完治するものではありません。

AGAになる人とならない人は個人の体質によって変わるので遺伝子治療をしない限りはAGAは完治しません。

従って、AGA治療をやめてしまえば再び脱毛や薄毛は進行してしまいます。

しかしながら、AGA治療薬のプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用が危惧されますから、一生使い続けることには問題があります。

内服薬であるプロペシアは様々な副作用が報告されていますのでライフステージの変わり目がやめどきかもしれません。

AGA治療を考えているけど何科を受診すれば良いのか分からないという人はいませんか?AGA治療は基本は投薬治療ですから内科か皮膚科であればプロペシアを処方してもらえるでしょう。

ただし、病院によってはプロペシアを処方してくれないところもありますので受診の前に電話やホームページなどで確認したほうが良いと思います。

又、一般病院のお医者さんというは、薄毛治療が専門というわけではないのでAGA専門の病院へ行った方が間違いはありません。

中には、調剤薬局で買うよりずっと安い価格で薬をで処方してくれるところもありますしメソセラピー治療を受けられるクリニックなどもあります。

AGAの治療は市販されている養毛剤や育毛剤を使うよりも皮膚科の医師に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアなどで販売されている医薬部外品よりも効果が高いです。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤を使うよりはコスパが良いでしょう。

又、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをするとより一層、効果が高まるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識してストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えると良いでしょう。

AGAは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活にも大きく影響されると言われています。

人の体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体を維持するには血流が重要となります。

髪に必要な栄養も血流によって運ばれてくるためAGA治療をしている人は血流を改善させることを心がける必要があります。

ストレスや運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵となるほか喫煙も血管を収縮させるため薄毛治療の妨げとなります。

頭皮が固くなってしまっている人は頭皮マッサージがおすすめです。

AGA治療は保険適用外の自由診療なので全額、自腹で受診することになります。

内服薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので診察料は1回、3000円ほどかかることになります。

更に万有製薬の公表価格ではプロペシアが1錠250円ですから診察料と薬代の合計は、1ヶ月で1万円を超える計算になります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので薬剤師がいる薬局なら誰でも買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。