フラット35sの適合証明書とは?

フラット35sの借り入れには、省エネエコ、耐震、耐久性、バリアフリーの適合証明書が必要になります。
フラット35の意味合いとして、高性能の安心安全な住宅を、多くの人が購入出来るチャンスを広げ、経済活動の活性化の一端を担うというところがあります。
ですから、震災以降、金利低下の傾向に推移していますが、2016年1月29日までは、より高性能な住宅に関して、適合証明書を発行し、10年間、あるいは5年間更に金利を引き下げる政策をとっています。
長期固定金利でありながら初めの10年間の金利が1%を切るような商品が出てきています。
ただ、手数料や、団信の費用が高めであるということも言われているので、トータルで検討して、自分のケースにあったものを選びたいですね。
SBIモーゲージリフォームローン金利は?フラット35!【中古住宅購入】